MENU

誰にも言えない包茎の問題で悩む人の多くは仮性包茎が多いようですが、中には真性包茎やカントン包茎の人もいるでしょう。

 

包茎治療において実績のある上野クリニックでは、真性包茎やカントン包茎についても相談できるのでしょうか。

 

・真性包茎やカントン包茎でも問題なく相談可能

 

包茎には仮性包茎・真性包茎・カントン包茎という種類があるので、悩みを解決するには自身がどのタイプなのかを知る必要があります。

 

一般的には仮性包茎の人が多いのですが、包皮の出口が狭いカントン包茎や亀頭と包皮が癒着している真性包茎の人も少なくありません。

 

カントン包茎はやっかいで、平常時は亀頭を露出できても包皮の出口が狭いので腫れる危険があり、亀頭の根元を締めつけて元に戻すのが難しいです。

 

また真性包茎の場合、カントン包茎よりもさらに包皮口が狭いので、亀頭の成長を阻害する可能性が高く、ペニスの形状も悪くなります。

 

要するに真性包茎やカントン包茎の場合、早期の手術が求められるわけですが、上野クリニックに任せればしっかり対処してくれます。

 

・技術力が高いので安心

 

カントン包茎は、勃起時に頭が出ると締め付けがあって戻らない状態になるので、やっかいです。

 

包皮や亀頭が炎症を起こしやすいので、性病にかかりやすくなるリスクも高く、場合によっては女性の性器に菌を移して、それが不妊症の原因になる危険性もあります。

 

カントン包茎については、施術に当たって皮を切る技術だけでなく、締め付け具合を調整する技術が求められます。

 

そうなるとできるだけ治療レベルの高いクリニックを選ぶ必要があるのですが、上野クリニックであれば手作業で頭の下のカーブに合わせて治療してくれるので安心です。

 

技術力が非常に高いので、確実に良い仕上がりで施術してくれますよ。

 

そして真性包茎の場合は切る皮の量がどうしても多くなるので、やはり治療技術の高い上野クリニックに任せるのが一番でしょう。

 

 

真性包茎やカントン包茎の施術を受ける場合、それなりに技術が必要になってきます。

 

上野クリニックなら丁寧な施術で技術力も高いので、問題なく気軽に相談できますよ。